きだか歯科医院|長崎市出島町の歯医者さん|市民病院前電停|築町電停 :: 歯周病とその他症例紹介

歯周病について

.jpg歯周病とは様々な原因により、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けたり、歯肉が炎症を起こして腫れたりした状態をいいます。
歯肉に限局した炎症がある場合を歯肉炎、骨まで及んでいる場合を歯周炎と言って区別しています。
小児や若年者の場合、多くは歯肉炎ですが、成人の歯周病の場合、その多くが歯周炎と言ってもよいでしょう。

歯肉炎では、十分なブラッシングと、歯石が付いている場合には歯石除去等で簡単に治癒します。
しかし、歯周炎の場合そうもいきません。
歯周炎は完全に治癒してしまう疾患ではなく、易再発性の疾患ですから、継続的なお口のケアが必要になってきます。
当院では、一時的な治癒を求めるのではなく、歯周炎の進行が止まった状態を少しでも長く保てるような治療を心がけています。
症状が軽くなったり、良くなったからと言ってそれで終わりというわけではないのです。
ある程度良くなってからも、引き続き定期的なメンテナンスが必要です。
メンテナンスにおいては、歯科医院で受けるプロケアに頼りすぎて、ご自身でのセルフケアが少々疎かになっている方もいらっしゃいます。
逆に、自分はブラッシングはうまくできているし痛みもないから大丈夫と思われて、定期健診を兼ねたプロケアにあまり興味を示さない方もいらっしゃいます。
お口の健康の維持には、ブラッシング等のセルフケアと私ども専門家が行うプロケアのバランスが大事であることは言うまでもありません。
歯周病は基本的には細菌による感染症です。
ですから、まずは歯磨きでプラーク(細菌の塊)を除去することが最も大切です。
その他に、歯周炎を増悪させる因子として、喫煙、お口の乾き(口腔乾燥)、糖尿病などの全身疾患、歯ぎしり等の悪習癖などがあります。
歯周病の患者さんはそれぞれ、歯周病の発症や進行状態が違います。
お一人お一人の原因を的確に判断して、治療を進めてまいります。


_.jpgプラークや歯石は勿論ですが、歯周炎の重症化には、歯にかかる力がかなり大きく影響しています。
ある特定の歯だけが強く噛み合っていると、その歯にだけ大きく力がかかるため、歯が揺さぶられて徐々にグラグラがひどくなっていきます。
また夜間の歯ぎしりも歯周病にとってよくありません。
就寝中の無意識下での歯ぎしり・くいしばりは、歯や歯周組織に過大な力がかかるため、歯周病を悪化させる原因になります。
そのような方に、当院ではナイトガードと呼ばれるプラスチック製のマウスピースを作製し使っていただいています。(保険適応です)

ご心配な方は是非ご相談ください。





★ 治療症例 ★

平成22年2~3月は膝を故障したため、1ヶ月以上ランニングをお休みしました。そのため身体的、時間的にゆとりができ、今までの症例を少し整理することができました。今回自費診療を中心に症例を供覧いたします。
もちろん普通の保険診療もちゃんと行っています。

スポーツ用マウスガード

4041.jpg

ネーム入りのラミネートタイプ(2層構造)です。
型とり後約1週間で完成。口腔内で若干調整後お渡しします。
¥6,000
単層構造(ネームは入りません)のマウスガードなら\4,000で製作可能
今まで、ラグビー選手、ボクシング選手、競艇選手等に作製
ラグビー等の場合、1シーズン毎の作り替えをお勧めします。
技工所に外注せずに、院内で院長及びスタッフで作製のため、かなりお安くなっています。スポーツを愛する者として、スポーツマンを応援します!!


ホームホワイトニング

4042.jpg

夜間や就寝中、マウスピース内に漂白剤を入れて装着。片顎2~4週間程度かけてゆっくり漂白します。比較的後戻りは少ないようです。
この症例は上顎3週間、下顎3週間かかりましたが、かなり効果が出ましたので、喜んでいただけました。

片顎19,000円、上下顎38,000円


ウォーキングブリーチ

4043.jpg

ブリーチやブリーチングとはホワイトニングと同義語です。
神経をとった歯は、術前写真のように黒く変色してくる場合があります。
元々、神経の治療のため歯の裏側から穴をあけて治療してあり、根管治療後プラスティックを詰めてあります。漂白のため、その詰め物を再度削り取り、その空間に漂白剤を詰め仮封します。1週間毎に漂白剤の付け替えをし、これを数週間続けると漂白効果がでますが、変色が強いともっと回数がかかる場合があります。
歩いている時にでも漂白が進んでいる事からウォーキングブリーチと言われています。
従来なら歯を白くするため歯質を多量に削って冠をかぶせていた治療も、この方法で歯の切削量もかなり減り、歯に優しい治療と言う事ができます。 

2例とも4週間かかりました。
1本¥18,000(漂白回数に関係無く)


オールセラミックインレー

4044.jpg

部分的に入っている奥から2番目の銀歯(メタルインレー)を除去後、オールセラミックの材質で修復しました。保険治療でプラスティックを詰めてもよかったのですが、元々の銀歯も大きめで破折や摩耗等の危険性もあり、患者さんのご希望に合わせて、セラミックインレーを装着。口腔内でプラスティックを直接詰めるよりも、型取りをして口腔外で作ったほうがより精密で審美的なものができます。また強度的にも優れています。

治療期間 1週間
費用 ¥50,000


オールセラミック冠

4045.jpg

前歯をぶつけて破折したところに、オールセラミック製の冠をかぶせました。
受傷後数日経っていた事もあり、神経をとって根管治療後、グラスファイバー製の芯棒(ファイバーコアー)を入れて型取り後、ジルコニアフレームを使ったセラミック製の冠を装着。

治療期間 約1ヶ月
治療費 グラスファイバーコアー ¥10,000
オールセラミック冠 ¥100,000 合計¥110,000